toggle

カジノが語るエピフォンの歴史

カジノはエピフォン社を代表する人気モデルのひとつで、1960年代の人気グループのリーダーが使用していたことでも知られています。現在では大手メーカー傘下の子会社となって製造工場もアジアが中心となっています。もともとエレクトロニクスの分野でも革新的な開発を続け、トーベンダーやボリュームペダルなどといった、現在ではおなじみの機材をすでに製造販売していました。ほとんどのインストゥルメンツがシングルネック採用だった当時、異なるストリングステンションのダブルネックを作成したのも世界初になります。大手メーカーの傘下になったことで、製品のグレードは下位モデルとして販売されていましたが、人気グループが使用していたこともあって、カジノはエピフォン社を代表するモデルになっていきます。

生産拠点がアジアに移ったばかりの当初は、大手メーカーの廉価モデルの位置づけであったにも関わらず、その品質のよさが特筆されて大人気となりました。カジノをはじめとするエピフォンのモデルは、その技術力の高さもあって、価格に比べて非常に上質な商品として仕上がっていました。当時のアジアを代表する生産国での仕上がりは、非常に丁寧に作成されており、諸外国からの評価も非常に高い物でした。中古市場においても劣らず人気があることは、いまだ高額な価格で売買されていることでも実証済みとなっています。その後拠点を移し、新たな工場で生産が始まりました。スペック上の改良もいくつか見られますが、結果的に品質を落とし、以前ほどの人気を保つことが難しくなってしまいました。当時の製品は中古市場においても、購入の際には注意が必要とされえいます。

エンパイアカジノで遊べる全種類のバカラを徹底調査してみた

現在では以前の悪イメージは影を潜め、品質の改善は飛躍的に上がっています。ブランドの代表格としてのカジノは、以前の響きを取り戻して初心者を中心に幅広い層の愛好家に親しまれています。紆余曲折を繰り返して安価で品質のよい商品の数々は、大手メーカーの歴史を踏襲するようなモデルの数々を世に送り出しています。ソリッドモデルにおいてもエピフォンの響きは失われず、黄金期の輝きを取り戻しつつあります。ブランドの名前や昔のイメージにとらわれずに、まずは手に取って確かめてみることが非常に大事です。現在までのブランドの歴史の流れを知ることで、必ず手に取って見たくなるはずです。コストパフォーマンスに優れ、初心者から上級者まで幅広い人々の心をとらえて離さない、かけがえのない商品群がそろっています。