toggle

カジノは打ち止めがなくいつまでも楽しめる

カジノで勝ちすぎると打ち止めとなってそれ以上遊ばせてもらえなくなるのではと思う人もいるかもしれませんが、そのようなことは決してありません。
これはネットベットカジノを問わず、全てのカジノで言えることであり勝ちすぎによる打ち止めというのは存在しないのです。
客が勝てばカジノ側が負けることになるわけですから、勝つ客を好ましく思わないと考えがちですが、カジノというのは特定の客と勝負をしているわけではなく複数の客と勝負をしているので一人の客の勝敗というのは問題になることはありません。
一人の客が大勝ちをしても、それ以外の客が負けてくれれば利益が出るので利益さえ出れば誰かが勝ってても問題とされることはないのです。
そして、平均的に見れば客が負けるように出来ているため、わざわざ勝っている客を打ち止めにすることはないということになります。

打ち止めにする必要がないもうひとつの理由として、そこまで大きく勝つことが出来ないようになっているというものもあります。
カジノで行われているゲームというのは比較的爆発力が小さく、勝ったら賭け金が倍になり負けたら賭け金が没収されるというものが大半です。
このような条件で大きく勝つということは難しく、放っておいても客は勝手に負けてくれます。
競馬のように賭け金が100倍や1000倍になって戻ってくるという仕組みになっているのであれば、超大当たりが出てしまったことによってカジノ側が破産をしてしまうということもありえますが、そもそもそのような大当たりが出るゲームもないので、あとは長く客に遊ばせてさえいれば確実に負けてくれるので、わざわざ勝っている客にストップをかけることはありません。

超大当たりが出ないということに加えて、賭け金の上限があることから客側は一度に大きく勝つということはできません。
つまり、どのようにしても大きく勝たれて損害が出るということがない以上は、一時的に勝っている客は問題となるようなものではないので、打ち止めにする意味がないのです。
むしろ続けてくれればいつかは回収することができるお金を、打ち止めにしてしまえばみすみす相手に勝たせてあげることになってしまいますから、勝ちすぎている客を追い返すような真似は絶対にしません。
このように勝ちすぎてしまうと、不利な扱いを受けてしまうのではと心配をしても、仕組みとしてそもそも勝ちすぎないように出来ていますし、多少勝ってもカジノ側からすれば続けてもらったほうがありがたいため、追い出されることはないのでいつまでも楽しむことができます。